>> gut. | about gut.
>>tags : kino | drama

Patrick

Patrick

CSの今月の番組表の映画インデックスをぱらぱらみていたら「パグ・アクチュアリー」なんてタイトルの映画が目に入って来てなんじゃそりゃあ!と思って調べてみたら既にママドンプライムに入っていたので早速観てみた。「あらゆるラブコメの王道を全部ぱくってみましたてんこもり+(プラス)犬」みたいな内容なので矢張り映画好き評の評価は随分低め。確かに金を払ってまで観る様に人にススメられるかと言われれば「そこいらの判断は貴方にお任せしたい(政治家風に)」としか言えないのだけど、肩の力を抜きたい感じの気楽に観られる息抜き映画としては十分楽しめる内容でした(何せてんこもり)。

原題は「パトリック」、パグの名前そのままで、普段は邦題をくさしてばかりで出来る限り原題で映画名は覚えようとしている程に邦題が大嫌いな私だけど、この映画がもし原題のまんま「パトリック」で「パグ・アクチュアリー」じゃなかったら絶対見なかったと思うので、邦題つけた人は大変いい仕事をしました。もう原題すら「パグ・アクチュアリー」で良いんじゃない?副題の「ダメな私のワンダフル・ライフ(←犬だから "ワンダフル" とつけたがる症候群)」って言うのも合ってると思う。

当然邦題が「パグ・アクチュアリー」だけあってパグのパトリックがメイン。やはりパトリックのあのブサカワ顔だけでうぐぐ、うぬぬとなる程に愛おしくて可愛いのだけど、出て来る人間達が全員変人で(これも英国コメディの定番)楽しい。

主人公は副題でも「ダメな私」ってなってて本人も周りを気にしてそう思い込んじゃって節があるのだけど、端から見たら十分順調に行っている様にしか見えない。良いとこのお嬢さんだし、公立校の国語教師に就任したばかりで生徒達(この生徒達も反抗期にしては良い子達なんだ)ともすぐに上手く行く様になるし同僚の先生達とも速攻で友達になるし。唯一学校を仕切ってる先生と張り合うのだけど、きちんと「何で私の事を嫌うのか」と聞くとか、彼に嫌味言われて去り際にすぐに聞こえる様に言い返してて素敵。「聞こえてるぞ!」「聞こえる様に言ってるんのよ!」と言うやりとりが健全でとても好き。パトリックを通じて知り合いになるハンサム獣医がとんでもない嫌な男と判明したら、しっかりと本人にどこが嫌かをはっきり言ってそれで獣医もその時は「ちょっと信じらんない、なんなの?」みたいになるんだけど、その後喧嘩別れで終わる事も無く反省しちゃんと友達になる所も良い。腹黒い京都人にはあり得ない事態で見ててとてもスカッとする。

途中からパトリックのせいで家を追い出された主人公は船に住む事になるのだけど船に住むと言うシチュエーションはよくイギリスでは出て来るんだけど、憧れかも知れないけど実用的な事やら(お風呂とか)安全面もかなり不安で現実的では無い気がするなあ。大体自分の生活している下が水であると言うシチュエーションは止めておきたい。ただ、入居(船にだから入船?)が決まった途端一時的に借りるだけなのに早速自分好みに水色に塗り直してたのは素敵だなとは思う。

「ブリジット・ジョーンズ」シリーズの母ちゃんだったり「ドクターフー」のシリーズ4で大活躍だったドナのじいちゃんだったり英国コメディの重鎮もちらちら出演しているのも楽しい。後、可愛い猫ちゃんもちらほら出て来るし、しっかり英国。しっかりラブコメ。私は十分楽しんだな〜。言う事無し!

-----
Patrick
Patrick (2018)
パグ・アクチュアリー ダメな私のワンダフル・ライフ(字幕版)

Intruders

Intruders

ジョン・シム出演と言う事だけで観始めたが、話云々やら大人の出演俳優なんかよりも完全にマディソン役の子の演技に圧倒されてしまった。あまりに凄過ぎるので調べたら、現在はもうちょっと大人になっていて(とは言えまだまだ10代。)主役なんかもばんばんこなしているとのこと。Intruders は2014 年のドラマで2004年生まれ、てことは、つまり、撮影当時は10歳にもなっていない????最初は無垢な女の子→女の子の殻に爺さんが入る、と言う演技をしているのだが凄まじい。ある程度演技と言うものは演じ続ける事によって、また、人生そのものからも経験を積む事によって演技力はつくものだと思っていたけど、矢張り圧倒的に才能と言うのが重要な部分を占めているんだなと思わされますわ。

------
Intruders
Intruders
(2014 BBC America)

starring John Simm, James Frain and Millie Bobby Brown as Madison

QUIRKE

QUIRKE

背負う歴史の重さか人々の気質なのかはアイルランド人でないので判らないけれどアイルランド特有と私が常々感じる、物静かで感情的にならない「よそ行き」の顔を表面では見せて、内側で抑えられない感情が燃え立ってる様が上手く描かれていて見応えがありました。

特に、主人公とその兄弟とその父親だったり男性陣が、なんとも不器用に人生を生きていて感情を上手く表に出せないで(そのくせ自尊心だけは人一倍強い為)損な役回りになり空回りしている事が多い気がします。

俳優もベテラン揃いでマイケル・ガンボンなんか重鎮まで出ていて、特にユージュアル・サスペクツを始めとしてハリウッド映画のイメージの強かったガブリエル・バーンが純粋なアイルランド人を演じていて影があってとても良い。誰しも決して100%善人では無いと言う人間と言う生き物を冷静に客観的に描いている部分もアイルランドと言う土壌の成せる技なのかも知れません。

二話目にはリー・イングルビーが出てこれがまたまあ情けないイギリスから来た女たらしで生きている男でした。

フィービーの友達として紹介される舞台女優の部屋に何も言及されてないで*1さらりとハープが置かれているのがアイルランド(ギネスのロゴ)だなあとと思いました。

この世界にもっと浸っていたい余韻があり、3話だけなんて勿体無いと思いました。

-----
QUIRKE
Quirke (2014 BBC / RTE)
Starring Gabriel Byrne
based on the Quirke novels by John Banville (as Benjamin Black)
adapted by Andrew Davies and Conor McPherson

 

*1:私だったらえーハープあるんだ!弾けるの??ってすぐ聞いちゃうと思うんですけど

Elementary

Elementary
エレメンタリー全7シーズンが完結しました。

最終シーズンが7シーズン目だと聞いて7シーズンしか無かったのかと思った位、もっと長く続いていたシリーズの様な気がします。

このドラマが始まる時には英国本国で作っている現代版「SHERLOCK」が全世界を魅了していた最中だったと言う事も重なり、ワオワオ(当時加入)ガイドであらすじを読む限り、シャーロック・ホームズの舞台を現代のニューヨークに移しワトスンを中国系アメリカ人女性であるルーシー・リウが演じると言う所がある程度斬新とは言えそこまで目新しいとも感じられず、「SHERLOCK」より面白くなる訳も無く…等と高飛車な上から目線的な態度で見始めた事を今でもはっきりと覚えています。

更に初期のシーズンでは観るにしても物語云々よりむしろエイダン・クイン演じるキャプテン・グレッグソン目当てであった事も認めざるを得ない事実です。

しかしシーズンを重ねるに連れどんどん主人公達の魅力が増して来て、第5シーズンから本当に心からこのドラマの事が好きだと思う様になってきました。大概最初はのめり込んだドラマシリーズでもシーズンが進むにつれだれ気味で飽きて来て「シーズン2か3位でやめときゃ良かったのにね」と思う事の方が断然多いのでこの現象は極めて異例です。

そして前シーズン、シーズン6では最終回で綺麗に物語が完結した事に非常に満足し、一見あまりに美しく終わったので、これでシャーロックとジョーンの物語は完結したんだから最終シーズンとなるシーズン7は蛇足となり得るのではないか(ただでさえ私はドラマの最終シーズンだとか最終回を観るのが苦手)、最終シーズンを観る事によってこのドラマの事を嫌いにはなる事は無いにせよ好きな気持ちが萎むのではないかと心配し、アマゾンに追加されたとしても観ない方が良いかも知れない、とすら思いました。

しかし、このドラマシリーズは矢張り私の期待を裏切る事は最後までありませんでした。

最終シーズンでは、決してシーズン6で完結してはいけなかったのだと納得の出来る、ドラマのそもそもの主旨に従えばこれ以上の大団円は存在しないと思える最良の最終回が用意されていたのです。

 

**以下、最終話に関して言及しています。ご注意下さい。

 

シリーズを通してシャーロック・ホームズの原作とは違う方向にキャラクターが形作られ物語も進んでいったので、原作はある程度ネタをお借りした程度にしか参考にしていない感じがありましたが、ワトソンが最後の最後になってシャーロック・ホームズの事件簿の出版にこぎつけ一大センセーションとなったり、シャーロック "最終対決" をReichenbach Fallsとしたのは「ここでこれ持って来るか!」と思わずにんまりにしました。

シーズン6はグレッグソン警部をかばいシャーロックとジョーンがFBIに追われる立場となった為ロンドンに拠点を移した所で終了し、私はそれがシャーロック・ホームズものとしては最善の最終回であると思いました。しかし他のホームズドラマではロンドンで落ち着く事で話が成立するかも知れないけれど「エレメンタリー」では彼ら4人の居場所はあくまでニューヨークと言う街でなくてはいけない事に気付けていませんでした。

思い返せば主要な登場人物であるシャーロック、ジョーン、マーカスとグレッグソン警部の4人は、シリーズの中で何度となく意見の食い違いや無責任な行動から仲違いになり、もう二度と口も聞かない!と言う状態に陥りました。そんな音信不通の絶交状態の中にあっても常にお互いを心配しいつでも許容する準備があった、そして4人の内の誰かが本当に助けが必要になった時は世界中のどこからでも駆けつけ側に寄り添った、そんな深く強い絆で結ばれていました。そんな4人、特にグレッグソン警部とシャーロックとジョーンの二人が連絡も取らないままロンドンとニューヨークに離れて暮らす等と言う終わり方は成立し得ないのです。

これからもこの4人はきっと同じ様な事で喧嘩になったりいざこざを抱える事になるだろうけれど、それでもいざ誰かが助けを必要となった時はいつでも駆けつける関係であり続けるのだと思います。

これからは再びエピソードを見返す事があってももう「エレメンタリー」の新作は観られません。しかしこの宇宙の広いどこかの存在するかも知れない平行世界ではずっとニューヨークの11分署でシャーロックとジョーンがマーカスの相談にのり、たまにはグレッグソン警部も交えてシャーロックとジョーンの家やら公園やらで会ったりしてわいわいお喋りして(たまには苛立ちながら)いるのかも知れないと思えば、何となく毎日がちょっと明るくなる、そんな気がしてなりません。

----
Elementary season 7
Elementary (2012-2019)
series created by Robert Doherty
Jonny Lee Miller as Sherlock Holmes
Lucy Liu as Dr. Joan Watson
Jon Michael Hill as Detective Marcus Bell
and
Aidan Quinn as Captain Thomas Gregson

Flaskepost Fra P

f:id:yukiyo_m:20201105174248j:plain

原作シリーズ全作読んでいる位(と言ってる間に最新作が出ていたので最新作は除く)大好きデンマークミステリシリーズ「特捜部Q」の映像化、2作目までワオワオ視聴していた時で観られたけれどもう観られないかもなあと思ってた所、今回アマゾンプライムにも入れてくれたおかげでこの三作目も観る事が出来ました。

原作は事件では常に重いテーマを扱いつつ、特捜部Qの3人も大変な変わり者でそれぞれ背景に重いものを抱えてはいるもののあくまでユーモアたっぷり含めつつその関係を描いているのが好きなのだけど、この映像化シリーズではあくまでも事件そのものを重視、それぞれが抱えている問題や私生活があまり描かれておらず、小説で読んで私が思い描いていたカール・マーク(カールマークのイメージは完全に著者の写真になってしまっているので随分若く感じる)もアサド(映画では超二枚目)もローセ(想像よりもまとも)も随分イメージが違うが、またこれは別物と考えて観ると違和感も無くとても良い。

後、小説を読んでいるだけでは知識が無いデンマークの風景をはっきりと頭に思い浮かべるのに限界があるけれど、このシリーズのおかげで街並や風景や雰囲気がはっきり判るのはとても嬉しい。

女性がさらっと着てる飾り立てが一切無いシンプル服も可愛いので参考にしたい。

-----
Flaskepost Fra P
Flaskepost Fra P (2016 Denmark)

based on the novel by
Jussi Adler-Olsen (department Q series)

starring
Nikolaj Lie Kaas as Carl Mørck
Fares Fares as Assad
and
Johanne Louise Schmidt as Rose

特捜部Q Pからのメッセージ(字幕版)
on Amazon Prime Video

Jeder liebt sich am meisten.

マシューマクマヒー8月のまとめ〜

Pizza essen

ピザを食べてご機嫌なマシューマクマヒー

 

im Spiegel zu sehen

鏡恐怖症になるマシューマクマヒー

 

die Prüfung

試験も怖いマシューマクマヒー

 

immer mehr an Alcohol

怖いものが一杯で酒に走るマシューマクマヒー

 

am meisten

先週の鏡恐怖症も克服したマシューマクマヒー

 

von jemanden gefolgt werden

まだ心配な友達にそっと見守られるマシューマクマヒー

 

der erste Preis

先週の試験が返って来ました。

 

am Muttertag

やっぱり皆、ママの事が大好き!

 

Mir ist kalt.

季節感を間違えて着るものを間違えてしまうマシューマクマヒー

 

die Unpünktlichkeit

待ち合わせに遅刻してしまい友達を怒らせるマシューマクマヒー

 

Bitte sitzen Sie sich!

 色々な反省を込めて無料クーポンを使ってどう見ても怪し過ぎるセラピーにやって来たマシューマクマヒー

 

NHKラジオ「まいにちドイツ語」の木金放送のの応用編を聞きながら例文を元に想像を膨らませこのイラストを描いているのですが、8月の最終週の放送後、このふざけたイラストを講師の先生に見て頂き大変好意的なご感想まで頂くと言う、授業中に落書きしていたら先生にばれる的な学生時代にも経験した事の無い様な事態が発生してしまいました。

マシューマクマヒーの運命やいかに!?

来月は最終月です。